STORY 物語紹介

STORY 物語紹介

STORY 物語紹介

STORY 物語紹介

TRACKS 収録内容

INFORMATION インフォメーション

ダウンロード販売

2018年2月28日0時 ダウンロード販売開始(1,944円)

Twitter アイコン

右クリックで保存して
ご利用ください。

DL達成企画

以下のダウンロード数を達成するごとに、記念として公開していきます。

【300ダウンロード達成で】
三楽章様キャストトーク公開
※キャストトークの配信開始日より3か月間のみ

【400ダウンロード達成で】
三重奏様キャストトーク公開
※キャストトークの配信開始日より3か月間のみ

【500ダウンロード達成で】
深川緑様キャストトーク公開
※キャストトークの配信開始日より3か月間のみ

【1000ダウンロード達成で】
SS「妻たちの溜息」公開

【1500ダウンロード達成で】
ショートドラマ公開決定(制作中)

1000DL達成記念SS



※「征徒会~誘惑の日々~」より数年後の、凍時のヒロイン目線のお話です。ヒロイン目線が苦手な方はご注意ください。




『妻たちの溜息』 作・雪華


「美しく優しいだけじゃなくて経営までできるなんて、君はまさしく女神のようだね。いや……女神そのものだよ」
 耳元で響く賛美の声を、西条凍時の妻は笑顔――しかし心は全く伴っていない――で聞き流す。ジムを経営する西条夫人には休日といえどやるべきことが多く、邪魔な夫に構っている暇などなかったのだ。
 聞いているふりをしつつ顔をあげると、それぞれの場所でトレーニングに励んでいる若者たちがいた。
 その様子を注意深く観察しながら、夫人は凍時に微笑みかける。
「あなた。やはり先日ご相談した器具が必要みたいなのだけれど、買っても良いかしら」
「いいよいいよ。いくらでも買ってあげよう。なんならもう一つビルを買っても――」
「ありがとう。では後ほど必要書類を持ってくるわ」
 夫の言葉を容赦なく切り捨て、手元の書類をパラパラとめくる。その姿は、もはや立派な経営者だった。
「それにしても、君がこんなに熱心になるなんて想像していなかったよ」
 背後霊のごとくくっついていた凍時が、どこか誇らしげに笑う。
 夫人は口元だけで笑い返し、目には殺意をこめて凍時を見つめた。「元凶が何を言う」と心中で呪う。
 そもそも、ことの発端は凍時の激しすぎるセックスだった。あれについていけなくて、やけくそのようにトレーニングを始めたらはまってしまい、ついには自分でジムを経営するまでに至った。――夫人は、なにごとも突き詰める性格なのだ。
 そのかいあって、今では高額な会員制にも関わらず、売上はうなぎのぼりにあがっている。
 それでも油断は禁物だ、と夫人は口元を引き締めた。
「ねえ、あなた。お忙しいでしょうから、先にお帰りになって?」
 考え事をするのに、賛辞しか述べない凍時は邪魔だ。今日は義理の娘や、その友達を招いての交流会もかねているから、苛々の原因を側に置いておくのも嫌だった。
 しかし、
「あぁ、気遣ってもらえて嬉しいよ! でも大丈夫。君と一緒にいるために、昨日は寝ずに仕事を終わらせたからね!」
 無駄な気合いを発揮した夫は、目をきらきらさせながら言った。
「あら、そうなの……」
 この濡れ落葉が、と胸の内で呟いた夫人は、視線を前に戻して嘆息した。
 落葉は、夫人の隣だけではなかったのだ。

「光さん、大丈夫? 無理しないで」
「君は心配しすぎなんだ。これくらい……っ、俺にだってできる!」
 窓際では、愛しい息子が顔を真っ赤にしてトレーニングに励んでいる。その横につきそっているのは、本来招いたはずの義理の娘。
 最初は目的通り義理の娘がトレーニングをしていたのだが、光がある者に対抗しだしてからは、娘のほうが応援する側になってしまった。
 心臓が弱い息子を応援してくれる、義理の娘の気遣いには涙がこみあげる。仲睦まじい様子を見ていると、息子の将来は安泰だと感動した。
 しかし正直、今は何故息子がついてきてしまったのかと溜息が漏れる。

 まったく揃いも揃って……と首を振れば、少し離れたところで談笑する夫婦が見えた。
「あはは、もっと負荷を増やそうか?」
「もう、一真ったら……意地悪」
 実に楽しそうに励んでいるのは、愛息子の親友の久世一真と、その妻だ。
 こちらも妻だけ誘ったら、夫もついてきてしまったパターン。
 そして光が無駄に頑張っているのは、一真のすさまじい運動能力を目にしたためでもある。昔のことがあるからか、己の妻には「一真よりもすごい」と思っていてほしいようだった。
 もっとも当の久世一真は、光の嫉妬心にはまったく気づいていないのだが……。

「っ、はあ、はあ、はあ、はあ!」
 笑い声の合間に、はあはあふうふうと頑張っているらしき息遣いが聞こえてくる。
 反対側を流し見ると、豊満な胸を揺らしながらランニングマシーンで走る、山那誠の妻がいた。
 こちらは一人でトレーニングしているようだったが、目を凝らすと、離れたところの椅子には嫉妬深い夫が腰かけていた。
 一緒にトレーニングすればいいのに、なぜか彼女を後ろから凝視している。何が気にくわないのか、眉間には皺が寄っているように見えた。

 夫人はしばらく待ってから、頃合いを見計らって優雅に手を叩く。
「皆さん、そろそろ休憩にしましょう」

 ぞろぞろと集まってきたメンバーに、凍時の秘書が順々にスポーツドリンクを手渡す。
 その間、凍時は何をしていたかというと……
「はぁ、はぁ、きびきびと指示を出す君も素敵だよぉ。見つめていたら、たまらなくなってきちゃった……」
 カウンターの内側にいる夫人の後ろに立ち、勃起したものを押しつけていた。実に役に立たない夫である。
 夫人は重なってきた手を、笑顔のままぎゅっと抓った。
「今日は疲れているので嫌です」
「そんなつれないこと言わないで。ひざまずいて『入れさせてください』って言えばいいかな?」
「どうぞ、ご勝手に」
 ひそひそとした会話は、他の者には聞こえない。
 それでも危機感をおぼえて周囲を見ると、みんなそれぞれの夫と仲睦まじくしていた。

「光さん、胸は痛くない? もう少しゆっくりトレーニングしたほうがいいんじゃないかしら」
 光の妻は、まだそわそわとした様子だった。大丈夫だと言われても、光の脈を計ったり、汗を拭いたりと忙しない。
「ああ、もう、心配ないと言っているだろう。そんなに言うなら――」
 光がぐいっと妻を引き寄せ、その耳元で囁く。 
「シャワー室でも、見張っているといい。まあ、観察している余裕があるかは……保証しないがな」
「こ、こんなところで何を言っているの!?」
「はは、誰も聞いていないさ」
 残念ながら聞こえているのだが、水をさすのも悪いので、夫人は反対側を見る。

「やっぱり一真はすごいね。私じゃ敵わないなぁ」
「そうかな。ここの数値は、君のほうが上だ」
 互いの数値を見ながら健闘を称えあう二人は、実に健康的な雰囲気だった。
 だがしばらく観察する内、ふいに一真の瞳の奥が剣呑な光を帯びる。笑顔のままなのに、眼差しが鋭い。
「そういえば君、山那先生がダンベルを持った時、腕を見てたよね? 僕が同じものを持った時とは違う反応だった」
「え、そうだった?」
「うん。まあ、山那先生の体はカッコイイからね。あーあ、なんだか嫉妬しちゃうなー」
 茶化したふうに言っているが、目がかなり本気だ。
 夫人が「これはこれで面倒そうだ」と思っていると、一真がこそりと言った。
「落ちつけないから……今夜は僕のものだって印、たくさんつけさせて」
「! ……久世くんの馬鹿」
「こーら、呼び方、戻ってるよ」
「あ、ごめんなさい」
「お仕置きはベッドの中でね」
 だいぶ離れているからか、息子夫婦も、久世夫婦も油断しきっている。
 しかし申し訳ないことに、夫人は長年凍時の声と足音を警戒し続けたせいで、耳がよくなってしまっているのだ。つまり全部聞こえている。

 苦笑しながら通路のほうを見ると、外の空気を吸いに行くと言っていた山那誠の妻が、扉の前で突然消えた。
 まさか転んだのかと目を瞠る。しばらくすると、扉の内側からひそひそとした声が聞こえた。
「せ、先生、こんなところで何考えてるんですか!?」
「はは、慌てると先生って言うクセ、抜けないよな。可愛い……」
 よくよく目を凝らせば、閉まりきっていない扉の隙間から、二人の体が重なっているのが見えた。
 誠の妻はショートパンツを下ろされ、下半身を露わにしている。閉じようとする脚の間には太い指が滑りこみ、いやらしく出入りしていた。
「このエロい尻と胸を汗まみれにして、プルプル揺らしやがって……。俺に食われたいとしか思えねぇ。はぁ、もう我慢すんの無理。ちょっとでいいから突っ込ませてくれ」
 遠目にもぎょっとするほど長大なものがボロリと飛び出る。
「だ、だめです! そんなこと言って、誠さんはちょっとで済んだことないじゃないですか!」
「ほんとに今日はちょっとだって。お前の中気持ちいいから、三分で中出しできる」
「それはちょっととは言わな――あぁっ」
 丁度いいタイミングで、中途半端だった扉が風で閉まる。
 その音を聞きながら、夫人は心の中で合掌した。

 どの夫も相手をするのが大変そうだ、と夫人は思う。……背後にいる夫の荒い息遣いを感じながら、しみじみと。

 その夜、食事と入浴を済ませて寝室に入った夫人は、閉じたばかりの扉へと回れ右をしたくなった。いっそ倒れたいと思いながら、気あいで視線を下げる。
 キングサイズのベッドの前には、下着一枚で、目をらんらんと輝かせた凍時がいた。忠犬よろしく正座をしているが、はぁはぁと息を荒げる様は犬というより腹の空いた狼だ。涎を垂らしそうでゾッとする。
 普通の娘ならば「変態」と言って逃げだしそうなものだが、夫人は溜息一つで諦めの境地に入った。ニコリともせず凍時の前に立つと、無言で片足を前に出す。
 すかさずしゃぶりついた凍時は、妻の脚を唾液まみれにしながら言った。
「はぁ、はぁ、湯上りの君の足は、なんて美味しいんだ。どんなお菓子よりも甘く感じるよ」
「では、もう満足ですね?」
 淡々と確認する夫人の声は冷たい。
 対する凍時はますます吐息を熱くさせ、床に額を擦りつけた。
「あぁ、そんな意地悪を言わないで。い、入れさせて! 入れさせてください!」
 必死ともいえる形相で縋りついてくる凍時を、夫人は無感動な目で見下ろす。ここで泣いて嫌だと言っても無駄だと、知っているからだ。
 愛妻家と名高い凍時を、世間は「尻に敷かれている」とまで言うが、とんでもない。どんなに従順に見えても、凍時は手に負えない獣なのだ。抗えば、その倍の力をもってねじ伏せられ、嫌だという気力すら奪われる。
 幾度となく骨の髄までしゃぶられてきた夫人は、それを十分すぎるほどに理解していた。
「いいと言ってくれ」
「ええ。いいわよ、あなた」
 暗く淀んだ目を笑みの形にする。絡まってくる腕から脚を抜き、ゆらりとベッドに腰を下ろした。
 室内が静かなせいで、凍時がごくりと唾を飲む音が耳につく。
 粘ついた視線を感じながら脚を開いた。
「あ、あぁ……ああぁ……」
 言葉にならない獣じみた感嘆の声をもらし、凍時が夫人の陰部にむしゃぶりつく。
 乾ききっていた陰唇はあっという間に唾液にまみれ、てらてらと濡れ光る。その光景にまた興奮し、凍時の呼吸は異常なほど乱れた。
 強めにクリトリスを吸われ、夫人の内腿が意思とは裏腹に痙攣する。
「んっ、はぁ……」
「ふふ、可愛い。ちょっと吸っただけで……ここ、もう膨れてきちゃったよ」
 嬉しそうに言われ、夫人は辟易する。言われるまでもなく、己の体が敏感になっているのはわかっていた。
 凍時は嫌になるほど、夫人の弱い場所を狙ってくる。どこをどう舐めれば妻が一番気持ちよくなるのか、調べ尽くしているのだ。
 夫人はすっかり蹂躙されて素直になった体を、ベッドの上に投げ出す。
 凍時は、それを受け入れられていると勝手に解釈して喜ぶ。
 ――決まりきった流れは、毎夜繰り広げられる滑稽な舞台のようだ。
 虚ろな目で天蓋の裏側を見ていると、夫人の中にそっと指が入ってくる。僅かに曲げられた指は迷うことなく弱い場所を探りあて、内側から押しあげた。
「あっ、あぁ……ん」
 空虚な心に反して、漏れ出る声だけは甘い。それもまた忌々しいが、抵抗する気力は、もう無かった。
 長い指がゆるゆると出入りを繰り返し、強弱をつけて感じる場所を刺激する。同時に熱い舌が、充血したクリトリスに絡みついた。
「はっ、ふ……あぁ、そこ……。もっと、そこを……」
「ここを、どうされたい?」
 諦めてしまえば、揶揄する声に苛立ちを感じることもない。夫人は快感に抗わず、びくつく脚を大きく開いた。
 夫人の招く仕草に、凍時は興奮した獣のような息を吐く。何かに取りつかれたふうに陰唇をすいあげ、巧みな指使いで夫人を絶頂へと押しあげる。
 夫人の爪先がシーツに細かな皺を作り、背が弓なりに反った。
「んっ、ああぁっ!」
 中の指をぎゅうっと締めつけながら果てる。
 凍時は夫人の中からそっと指を引き抜くと、荒々しい仕草で自身の下着を脱ぎ捨てた。言葉すら発せないほど夫人の媚態に興奮しきっているらしく、薄く開いた唇からは、ふーふーという息だけが漏れている。
 やがて、誠ほどではないが平均よりもだいぶ大きなものが露わになる。中年にも関わらず、その先端は凍時の下腹部を叩いていた。
「待っててね、今コンドームをつけるから……!」
 竿の部分に浮きでた細かな血管を見て、ぞわりと嫌悪感がこみあげる。それなのに快感に慣らされた膣は、快感を期待して蠕動した。腹の奥が切なくなる。
「あぁ、まずい、まずいよ、もう出そうだよ」
 ゴムをつけている間も、凍時は熱に浮かされた調子で呟く。
 夫人はそのまま達してくれればいいのにと願ったが、残念ながら凍時は耐えてしまったようだった。
 すぐに薄いゴムに覆われたペニスが膣口に宛がわれる。腰を掴まれ、一気に押しこまれた。
「あぐっ! はぁ、ぅっ……!」
 内臓ごと押しあげるような圧迫感に、呻き声に似た嬌声が漏れた。
 硬い先端が隘路を押し開き、子宮口に密着する。
 そのままグリッと抉るように腰を動かされると、びりびりとした快感が全身を駆け巡った。あまりの気持ちよさに、夫人は失神しそうになりながら白い喉を反らせる。
「っ、あっ、あぁ……今日も君の中はぁ……はぁ、はぁ、最高に、きもちいい……」
 そんなふうに快感に溺れきっている声音で言うくせに、凍時はちゃんと夫人を気持ちよくさせることも忘れていない。夫人が達しやすい角度と強さで、ひたすらに弱い部分を攻める。
「ひっ、あっ、あっ! ああ、んっ! あぁ……っ!」
「はぁ、はー……こんなに溢れさせるほど、俺のを待ち望んでいたんだね!」
 大量の愛液が溢れると、凍時は狂喜して腰を叩きつけた。
「ははっ! はぁ、はぁ、今夜もすごいよっ。ねえ? 聞こえるかな? 君の中が、俺のを喜んで飲みこんでる音!」
 ぱちゅん、ぶちゅんと鳴り響く派手な音。
 先走りと混ざりあった愛液の匂い。
 悲しみも怒りも、流れていく。
 夫人は遠くなっていく意識の中でその音を聞きながら、びくびくと全身を痙攣させた。そのタイミングを待っていたようにボルチオを押し潰される。
「ひぅっ! ああぁ……っ!」
 うねる膣に引き絞られたペニスが、限界を迎えて小刻みに跳ねる。
「くっ、ぅ! ごめん、もう……、いく! 二回目はもっと長くするから、いっても、いい? ああ、だめだ、いくよ!」
 凍時が聞いておきながら答えを待たないのは、よくあることだ。
 絶頂のただなかにありながらも、夫人はおかしくなって口端をあげた。
 瞬間、奥にうずめられた亀頭がより硬くなり、びくりと跳ねる。
 ずいぶんと長く射精が続いているのか、凍時は幾度も腰を震わせた。
「っ、はぁ……、愛してるよ……」
 キスの合間に凍時が囁くと、夫人は途端に冷や水を被った気分になった。快感の余韻を残す体が忌々しくなってくる。
 いくら飲みこんでも消えない暗い感情が、汚泥のように口から溢れた。
「そう。私は愛していないけれど」
 幾度も繰り返されているやりとりなのに、凍時はその度に傷ついた顔をする。そして出てもいない涙の跡をなぞるように、夫人の頬に口づけるのだ。
「……愛してると言ってくれ」
「今日はもう無理」
「なぜ?」
「喘ぎすぎて息が苦しいのよ。私も、もっと体力をつけないとダメね」
 少しも掠れていない麗しい声が、静かな室内に響く。
 泣きそうな顔をした凍時を放っておくと、本当に涙が降ってきて、夫人は深く溜息をついた。
 ……泣きたいのは、いつも夫人のほうだった。

 翌日、ジムのサロンは妻たちの嘆きに満ちていた。
 光の妻は「昨日の今日であんなに頑張って大丈夫なのかしら」と心配そう。……何を頑張ったのか気になるところだ。
 一真の妻は、なぜかハイネックを脱ごうとしない。「暑い暑い」と手で顔を仰ぎながら、困ったふうに溜息をつく。しかしその顔は幸せそうでもある。
 誠の妻は、運動後で汗をかいているからか、ふうと息を吐く様がやけに艶めかしい。日毎に艶を増していくように見えるのは、きっと誠がそれだけ彼女を愛でている証だろう。
「……まったく殿方たちには、困ったものだわ」
 夫人の言葉に、妻たちは示しあわせたようなタイミングで苦笑する。
 それに優雅な微笑みを返し、ティーカップを置いてから“鬨の声”をあげた。

「さて皆さん、今宵も頑張りましょうか」
 妻たちの受難は、まだまだ続く。


<了>

500DL記念


公開終了しました。

400DL記念


公開終了しました。

300DL記念


公開終了しました。

発売前トーク